TOP >  SPECIAL CONTENT >  【知識】オリーブの語源とは

オロバイレン スペシャルコンテンツ

2020.3.5

【知識】オリーブの語源とは

今では数ある食用油の中でも健康的で味わい深いイメージが強いオリーブオイルですが、その「オリーブ」の語源はご存知でしょうか。日本語の発音「オリーブ」は英語のOlive英発音/ˈɒlɪv /米発音/ˈɑlɪv/、又はスペイン語のOlivo/oˈli.βao/やラテン語のOliva/oˈli.βa/に由来するもので、いつ頃から日本でオリーブと呼ばれるようになったのかは不明です。ギリシャ語ではἐλαίᾱ /e.lǎi̯.aː/と呼ばれますが、これはスペイン語の学術用語でオリーブを差すOlea europaeaにも起因します。なお、スペイン語では地域によって、またはオリーブの実を差す場合Aceituna /aθeiˈtuna/とも呼ばれますが、これはアラビア語のزيتون/zějtiːn/(オリーブの意)に由来します。
人類の歴史でオリーブ栽培が始まったのは紀元前6世紀頃(日本の縄文時代)、現在のシリア・トルコあたりの地域が発祥と言われています。現在のチュニジアあたりでは、紀元前8世紀ごろに書かれたオリーブのモザイク絵が確認されています(下記写真参照)。日本に初めてオリーブやオリーブオイルが持ち込まれたのは、1500年代のこと、当時のキリスト教の宣教師やポルトガル人などが持ち込んだことが記録されています。ポルトガル人が持ち込んだことから、当時のオリーブオイルは「ホルトの油」と呼ばれており、薬用としての効能を期待して肌などに塗られていたようです。

紀元前8世紀頃のオリーブのモザイク画(一社)日本オリーブオイルソムリエ協会,『世界のオリーブオイルベスト180』,㈱誠文堂新光社,2019,

 

 

オロバイレンの各種名称について

オロバイレン(Oro Bailen)のオロはスペイン語で黄金色・金などの意、バイレンはスペイン南部のアンダルシア州ハエン県にある町の名前で、バイレンの近郊にオロバイレンの会社があります。ちなみに、会社がある場所の地名はカサデルアグア(Casa del Agua)、カサは家、アグアは水の意で、「井戸や湖などの水源がある土地」という意味になりますが、こちらも商品名として愛用されています。なお、ハエン県はオリーブの生産が盛んなことで知られており、毎年オリーブの品評会が行われています。

ピクアル種
ピクアル(Picual)とはオリーブの一種で、実が小さく先端が尖っている形状からスペイン語で「クチバシ」や「尖った先」を差す形容詞pico,picaが語源となっています。他にも、marteño(マルテーニョ), nevadillo(ネバディージョ), lopereño(ロペレーニョ)などと呼ばれることもあります。

アルベキーナ種
アルベキーナ種は15世紀にメディナセリ公国(スペイン中央部)によって現在の中東パレスチナ地方からスペインに持ち込まれ、当時の国王がアルベカ地方にあるCastillo de Arbeca (アルベカ城)に住んでいたことから、Arbequinaの名称がつけられました。

フラントイオ種
フラントイオの語源は不明ですが、英語ではParagon(パラゴン:手本・模範の意)とも呼ばれ、その名称にふさわしく多くの地域で生産されています。原産はパキスタンと言われています。

オヒブランカ種
オヒブランカ(Hojiblanca)はその名前の通り、葉が白みがかっていることから、スペイン語で白を表すblanca,blanco(ブランカ、ブランコ)、葉の意であるHoja(オハ)に由来しています。

 

 

命名されるということ

オリーブの種類の名前だけでも色々な起源があります。物や土地の名前には命名される理由があり、当時の時代背景や容姿から連想されるもの、個性や特徴などに影響を受けたものなど、その名を背負う過程に歴史を感じることができます。オリーブおいては海外からの発音を取り入れることで、その名前が付けられましたが、身の回りにある当たり前の食材や、普段意識していない名前も、その語源を辿ってみると時代背景や歴史などを通じて理解を深めるのも良いかもしれません。

Copyright © ORO BAILEN Co.,Ltd All Rights Reserved.